気づきを記録し続けることの重要性

OS

毎日を過ごしていく中での

気づきを記録していく、

これで学びの量を激増させることができます。

 

 

突然ですが、

1週間前にあった気づきを5つあげてください

と言われた時、5つ列挙することが

できるでしょうか。

 

 

強いインパクトを感じた

よほど大きなイベントではない限り、

思い出すことは難しいのではないかと思います。

 

 

結局のところ、

私たちは忘れてしまうのです。

 

 

嫌なことであっても良いことであっても

忘れることができるということから、

私たちは前を向いて生きていくことが

できるとも言えるのかもしれません。

 

 

ただ、未来に向かって改善をしていくという意味では、

その時その時に感じたことを

記録してくことは極めて重要だと考えています。

 

 

なぜなら、記録をすることで、

いつ、どこででも、その気づきを

蘇らせることができるからです。

 

 

イメージとしては旅行に行って

写真を撮るという感じでしょうか。

 

 

写真を見ることで、

私達はその時の情景や感じたことを

鮮明に思い出すことができます。

 

 

ただ、感じたことを思い出すだけでは

意味がありません。

 

 

自分が、昔、どのような物事に対して

何を感じたのか、

定量的な評価をすることが重要なのです。

 

 

その気づきの中には、

今思えば大したことがないこともあるかもしれませんし、

逆に非常に大きな気づきと感じることもあるでしょう。

 

 

そういった数多くの気づきを

定期的に振り返ることで、

私たちは自分自身を客観的に

見つめることができるようになっていきます。

 

 

結果として、自分の改善点が

浮かんでくるのです。

 

 

だからこそ、私たちは日々気づきを記録し、

それを元に、定期的に振り返ることが

大切と言えるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました