相手に伝える話をするために

コミュニケーション

結局のところ、

相手が聞く体制に入っていなければ

何を話しても無駄だということを

痛感しています。

 

 

あまり質問をしない人に対して

「聞かぬは一生の恥だよ」

と言っても、効果はゼロということです。

 

 

では、相手に対して

変化を促すことができるように

するためには、

どうすれば良いでしょうか。

 

 

そのためには、まず、

誰かに何かを伝えようとしたのであれば、

適切なステップを踏む必要がある

ことを認識することが大切です。

 

 

このステップにおいてまずやるべきことは、

相手との信頼関係を築くこと。

 

 

いきなり他人から指摘をされても

聞く気が全く起きないように、

信頼関係が構築されている

(自分のことを理解してくれている)

ということは最低限の条件となります。

 

 

ですので、

ここからは信頼関係が築けたという前提で

お話をしていきます。

 

 

相手と関係を築いた後、

相手に効果的に何かを伝えるためには、

一体どうすれば良いのでしょうか。

 

 

これは、

一言で言えば

興味関心を持ってもらう、

ということに尽きるのでは

ないかと考えています。

 

 

例えば、

人生では人脈が大切。

と言う言葉よりも、

1000万円を稼ぐ方法。

の方が興味が湧くでしょう。

 

 

もちろん、

過度に脚色した言葉を使うことは

結果として相手との信頼関係を

損なうことにつながりますので、

 

使う言葉は注意する必要がありますが、

それでも言葉を尽くし、

まずは相手に興味を持って

もらわなければいけないのです。

 

 

そして、興味を持って貰うためには、

具体的な話をすること。

 

 

言い換えれば、

相手が経験したことがあることを

議題にするということです。

 

 

この点については、

明日、改めてお話を

していこうと思います。

 

+++

 

今日の一言

 

【読書は人生を豊かにする】

 

参考書籍:人生論としての読書論

 

サバイバルフレーズ:読書の意義と価値を自覚している人が少ないのは、この二度とない人生を、真に自覚的に生きようとする人が比較的少ないからだ。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました