全ての物事は、小さくはじめるべき

思考

■相手のことをどれだけ考えることができるか、

これが重要だと考えています。

 

■これは思い立った時にやるというものではなく、

常に頭の中で考えているという状態

にすることが重要です。

 

(とは言っても、私自身まだまだ

実現することができていませんが、、、)

 

■昨日、お昼にうどんを食べに行った時のこと。

 

■ふと、これから注文をする方が

どのうどんを頼むのか予想する

ということをやってみました。

 

■まぁ、結果としては全くと

言っていいほど当たらなかったのですが、

そこから大きな気づきを

得ることができました。

 

■それは、

正解であろうと正解でなかろうと、

相手のことを意識することによって、

自分の脳内回路に変化が生じるというもの。

 

■今日は何を食べようと

自分のことを考えている状態においては

他の人に意識が向くことはありません。

 

■一方で、他の人が何を頼むのか考えるということは、

今まで自分が行ってきた思考回路とは違うものとなります。

 

■ちょっとした違いかもしれませんが、

実際には頭の中では大きな違いが発生しているのです。

 

■これを具体的な言葉で表現すると、

他人と自分との距離が近くなったと

言えるかもしれません。

 

■相手が何を食べるのか予想することで、

相手に興味を持つようになり、

その興味が相手との距離感を近づける効果が

あるのではないかということです。

 

■ですので、継続してこの習慣を実践にしていけば、

人との距離感をどんどん近づけていくことが

できるのではないかと感じたのです。

 

■繰り返しになってしまうかもしれませんが、

相手のことを考えると言って、

それが実践できるほど簡単なことではありません。

 

■まずは簡単なところから始めていき、

少しずつ形を作っていくのが重要です。

 

■そのための一つ目のステップとして、

色んなお店で相手がなにを買うのか

考えるということを実践してみるというのも

面白いかもしれません。

 

■私も継続して実践していき、

その中で得た気づきなどをこの場で

シェアさせて頂こうと思っています。

 

+++

今日のまとめ

 

・相手のことを意識することは難しい。

 

・だけど、ちょっとしたタイミングで

相手のことをちょっと考えることは、

ハードルが下がる。

 

・だからこそ、

何気ない時に相手のことを考える。

ということを意識することが

大切と言えるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

思考
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました