スキルとハート、両方をしっかりと鍛える

OS

■昨日読んでいた本の中で、

ある医者の方の話が出てきました。

 

■その内容というのは、

ある医者が独立をした場合、

その医者を慕っていた看護婦も

一緒に転職をするというもの。

 

■しかし、

大体の場合は数年も経てば、

看護師の方が辞めることが多いというものでした。

 

■その理由として、独立した医者の方は、

自らが一国の主になることによって、

独裁者のように自分中心な考え方になってしまうから

ということが書かれていました。

 

■ここから言えることは、

たとえ安定した仕事ができていたとしても、

信頼し合える人がいないのであれば、

そこにとどまる人は少ないということでしょう。

 

■私たちは、

往々にして、スキルかハート。

このどちらに傾いてしまいがち

であると感じています。

 

■医者、弁護士、会計士などは

スキル面のの王道のような職業と言えるでしょう。

 

■一方、ハート型で言えばカウンセラーや

接客業などが挙げられるかと思います。

 

■ここで私たちが意識しなければいけないことは

スキルとハート、この二つを

同時に伸ばしていくことだと思うのです。

 

■例えば、医者の場合を考えてみると、

患者さんが診察室に入った途端に、

あなたはこんな症状ですので、

この薬だけを飲んでおいてください

と言ったら、患者の方はどう思うでしょうか。

 

■その治療が正しいとしても、

その病院に再び行くことはないでしょう。

 

■一方、接客業をしている方はどうでしょうか。

 

■あなたがいい接客をすることが

できているという意味においては、

お客様との信頼関係は築けているでしょう。

 

■ですが、

さらにお客様に満足をしてもらうためには、

相手の気持ちを察したり、

さらには提供する商品の知識を

身につけると言ったことが必要となるでしょう。

 

■ちまたでいう所のスーパー営業マンという方は

ほぼ必ず、販売する商品の知識と、

信頼関係を築くという

二つのスキルを持ち合わせているのです。

 

■スキル面とハート面、どちらからスタートする形でも

もちろん問題はありませんが、

この二つを意識しなければ

偏った方向に突き進んでしまいがちです。

 

■例えば、高校時代に文系と理系に分けられるかと思いますが、

その時から、自分は理系である、もしくは自分は文系であると

思い込んでしまい、その方向のフィードバックが

繰り返され、結果として理系は更に理系に、

文系は更に文系になってしまうようなイメージです。

 

■人というは、そんなにスパっと

二つに切ることができるものではありません。

 

■誰しもがスキル面も持っていれば、

ハート面も持っているということです。

 

■そして、結果を残すためにも、

スキル面、ハート面、

この両方が必要であるということ。

 

■だからこそ、私たちは、

自分がどちらに偏っているかを認識した上で

どの能力を身につけていくのか、

しっかりと考えることが重要と

いえるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・スキルだけでも、ハートだけでも、

偏りが生じてしまう。

 

・また、私たちはスキル面かハート面の

どちらかに偏ってしまいがち。

 

・だからこそ、自分がどちらの傾向なのかを

認識した上で、相反する力を身につける

ことが大切と言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました