全てにおいて改善を意識する

プロフェッショナル

■全ての行動に改善の余地が

あることを実感しています。

 

■私達は初めて取り組むことに関しては

高い緊張感が生まれますが、

 

その一方で、同じことを繰り返していくと

必然的に慣れが発生してきます。

 

■慣れてしまえば、

流しながら行動することも可能です。

 

■普段仕事をしている方でも、

何年も同じ仕事をやっていれば、

特段考えなくてもその業務を

行うことはできるでしょう。

 

■この時、私達は慣れを感じた瞬間こそ、

改めて、どんな改善ができるか

考えるべきだと思うのです。

 

■同じことを繰り返し行えば、

同じ量の価値を相手に対して

提供することはできるでしょう。

 

■それは逆の観点から考えれば、

より高い価値を提供できる機会を

逃しているということです。

 

■トム・ピーターズという

起業家がいますが、

この方は多くの場所で講演をし続けています。

 

その内容は、本質的な内容がほとんどですので、

ある意味、内容中身をほとんど変えなくても

問題はありません。

 

■しかし、彼は、

四半期ごとにほとんど全ての

プレゼンの内容を入れ替えるというのです。

 

■彼の講演を聞いた方は、

同じ公演に出席したにもかかわらず、

その内容が大きく変わったことに

衝撃を受けたと言っていました。

 

■私たちは、

一度、何か形になったものに対して

手を入れることに消極的に

なってしまう傾向があります。

 

■上司に対して作った報告書など、

一度、なんとなく収まりが良い形で

文章ができれば大きな変更を

加えたくないという気持ちが働いてしまうのです。

 

■ある意味、それは、昨日お話しした内容と

重なる部分があるかもしれません。

 

■昨日は、人は、得るものよりも

失うものに対して5倍の衝撃を受ける

というお話をしました。

 

■これを今回の例に当てはめると、

一度完成した報告書を修正することは、

新しく作ることに比べて

5倍の負担感があるということです。

 

■ここで、さらに改善を加えようと思うのか、

そのままにしてしまうのかというのが、

長い目で見た時に絶対的な差異になることは

言うまでもありません。

 

■結局のところ、私達は

現状維持したいという思いに

どれだけ抗うことができるかが

ポイントなのです。

 

■そういった意味においても、

日々行う仕事、業務において

同じことはせず、

少しでも価値を追加するという意識を持ち、

それを行動に移すことが極めて大切と

言えるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

・どんな物事でも、私たちは、

付加価値を加えるチャンスがある。

 

・ちょっとしたことでも、

それが積み重ねれば大きな違いに繋がる。

 

・だからこそ、私たちは、

一つ一つの物事に対して価値を

付加し続けることが大切と言えるのでは

ないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました