凡事徹底が大きな違いを生み出す

自己成長・変革

■昨日、トイレ掃除を通じて

会社の業績を大きく伸ばした方の

本を読みました。

 

はたから見ると、トイレ掃除をするだけで

業績が上がることなんてあり得ないと

思うかもしれません。

 

■実際、トイレ掃除をすれば、

業績が上がるという

直接的な因果関係は薄いのも事実。

 

■ですが、こういった事実にこそ

本質的なポイントが隠されていると

思われてならないのです。

 

本を読みながら、トイレ掃除に秘められた

本質的なポイントは何なのか考えていましたが、

考えた結果、得られた気づきを、

本日は共有させていただこうと思います。

 

■まず、掃除をすると不思議と

気持ちが爽やかになるという

経験をした方は多いのではないかと思います。

 

逆に、机の上に書類が散乱しており、

書類を広げるスペースがないような机の場合、

効率的に仕事ができるとは考えづらいでしょう。

 

■少し話は変わりますが、

周囲の方を見ていると、

仕事ができる方というのは総じて、

机の上が綺麗な傾向があると感じています。

 

おそらく、毎日綺麗な机を見ることで

すっきりと爽やかな気持ちで

仕事を行うことができるというのが

一つの理由かと思います。

 

つまり、掃除をするということは、

自分の気持ちを前向きにするということに

直結しているのです。

 

■今まで暗い気持ちで仕事をしてきた会社が

あるとするならば、

その気持ちが掃除によって

180度入れ替わるということなのです。

 

だとするならば、掃除をすることで

少なからず良い影響が起こるということは、

イメージしやすいのではないでしょうか。

 

■気持ちが前向きになれば、

お客様に対しても明るく接することができますし、

常に周囲を綺麗にしようという意識は

周りに対する気遣いの能力の向上にも

直結していると考えられます。

 

たかが掃除、されど掃除、ということでしょうか。

 

■そういった意味においては、

私たちは何でも良いので

一つの物事にエネルギーと

時間労力を投入し続けること、

それが多くの気づきを得たり、

自分の成長に繋がる最短経路と

言えるかもしれません。

 

■一つのことを継続する能力、

この点を改めて意識し、

実行し続けることが重要と言えるでしょう。

 

+++

今日のまとめ

 

・身の回りが雑然としていると、

気持ちもどんよりとして

しまうものである。

 

・だからこそ、自分の頭を

スッキリとさせるためにも、

掃除を習慣にすることは

どうだろうか。

 

・たかが掃除、されど掃除。

凡事徹底の精神が、

大きな違いを生み出すことに

繋がるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

自己成長・変革
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました