一事が万事。小さな行動を意識することが大切

OS

■細かい行動が人生を変えると考えています。

 

■人は些細なことで感情が大きく

ゆれ動いてしまうもの。

 

昨日オフィスに行った時、

ゴミ箱の周りにゴミが散らばっていました。

 

その状況を見てごみを片付けました。

 

■ここで言いたいのは、

ごみを捨てましょう、

といった聖人君子のようなことを

しましょうと言いたいのではありません。

 

■例えば、朝オフィスにいた時に、

ゴミ一つ散らばっていない綺麗な

状態だったらどう思うでしょうか。

 

きっと1日の活力が湧いてくるはずです。

 

■さらに、ゴミが散らばっていた場合に、

そのゴミを捨てている人などを見かけた場合は、

その人に対して好感を持たないはずがないでしょう。

 

ゴミを拾うという行為は、

わずか数十秒でできることです。

 

ですが、その数十秒によって

好感度が大いに高まるということなのです。

 

■とするならば、

自分の気持ちもスッキリするし、

周りからの評価も上がるという

ちょっとしたゴミ拾いなどのアクションを

取らない理由がないと

言えるのではないでしょうか。

 

■今回はゴミの例でお話をしましたしましたが、

これはもちろん、ゴミ以外の例でも

当てはめることができます。

 

■相手に対して、

ちょっとした気遣いを見せると言ったことでも、

相手からすると大きく感謝の気持ちを

持ってもらえるかもしれないのです。

 

そして、その小さなアクションが

積み重ねることによって、

大きな違いに繋がっていきます。

 

■少し極端な話かもしれませんが、

1年5年10年とゴミを拾い続けた人、

とゴミを拾わなかった人、

どちらが周りのサポートを得られるか

といえば100%後者の方と言えるでしょう。

 

特段、特別な能力が必要とされることもなく、

そのような良い印象を

持ってもらえるのですから、

やらない理由がありません。

 

■もちろん、利害関係や、

相手から好感を得られるために

やると言う動機で動くと、

 

どこかでボロが出てしまう

可能性もありますが、

そういった副次的な結果は隅に置いた上で、

周囲のために自分が何をすればいいのかを考え、

実行し続ける習慣をつけることが、

周囲の力添えをもらうための

必須の思考回路と言えるでしょう。

 

+++

今日のまとめ

 

・一事が万事。

ちょっとした行動の積み重ねが、

自らを作り上げている。

 

・とするならば、

私たちは積極的に

周囲の環境を良くする。

といった行動を取ることが

大切と言えるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

OS
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました