プロとアマの決定的な違いとは?

プロフェッショナル

■今日、たまたまピアノの

演奏を聴いていたのですが、

本日は、そこで得た気づきを

共有させていただきます。

 

同じ曲を演奏する2人の

アーティストの動画を見ました。

 

1人はプロで、

もう1人は一般の方です。

 

■同じ曲を弾くのであれば、

そんなにメロディーも変わらないと

思っていたのですが、

その考えは大きく覆されました。

 

■プロの方の演奏は、

圧倒的な感動を呼び起こす

レベルが高かったのです。

 

では、具体的にどのような

違いがあったのでしょうか。

 

■結論からお伝えをすると、

演奏を聞いている中での

安心感が全くと言ってよいほど

違ったのです。

 

■これは、

演奏する音楽をどこまで

身体に染み込ませているかが

違いを生み出す大きなポイント

だと思いました。

 

■一般の方の場合は、

楽譜を見ながら次にどの鍵盤を

叩けばいいのか考えながら

弾いているイメージです。

 

先を考えながら

演奏をするのですから、

今弾いているメロディーに対して

気持ちを全力で傾けることは

難しいでしょう。

 

結果として、

なんとなく表面的なメロディーに

聞こえてしまうのです。

 

■一方で、プロの方の演奏は

全てのメロディーが頭に

完全に叩きこまれており、

音が自然と出てくるような

イメージでした。

 

結果として今の瞬間に

全てのエネルギーを注ぎ込むことが

できるような演奏になっていたのです。

 

■ところで、

この違い、ピアノの演奏と言った場面ではなく、

全ての物事において同じことが

当てはまるのではないでしょうか。

 

■ビジネスの場面において、

相手が醸し出す安心感によって、

その場の会話の中身というのは

大きく変わってくるものです。

 

この安心感を生み出す背景が、

熟練の度合いと関係していると

思われるのです。

 

■さらに言うならば、

その話の聞き手というのは、

相手がどれほど準備しているか

かなり正確に見分けることが

できるのではないでしょうか。

 

ですので、私たちは一つ一つの

物事に対する技量をしっかりと

高めていかなければいけないのです。

 

■ただ、それができるようになるまでには、

私達は多くの反復行動を取る必要が出てきます。

 

全ての対象に長時間、

時間を割くことはできませんので、

自ずと私達は取るべき行動を

選択する必要が出てきます。

 

■逆の見方をすれば、絞り込んだ分野において

圧倒的な熱量を注ぎ込むことで、

他者との差別化を

図ることができるようになるでしょう。

 

それが結果として圧倒的な

価値の提供に繋がっていくのです。

 

■絞り込んだ分野における

圧倒的な反復継続、

これこそが他の人から受ける印象を

劇的に変える最善の道と言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・習熟度の違いは、

相手の印象に劇的な変化をもたらす。

 

・であるとするならば、

私たちは、絞り込んだ分野に

おいて習熟を重ね、

相手に圧倒的な安心感を

与えることができるように

する必要があるのでは

ないだろうか。

 

・だからこそ、私たちは

取り組むべき項目を

絞り込む必要が

あると言えるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました