砂からではなく、石から入れていく

タイムマネジメント

■ある器に、できるだけたくさんの

石と砂を入れたい場合、

石と砂のどちらを先に

入れれば良いでしょうか。

 

当たり前ですが、

先に石を入れなければ

たくさんの石・砂を

入れることはできません。

 

■砂は石の間に綺麗に入り込む

ことができますので、

先に石を入れることで

たくさんの砂石を入れることが

できるようになるのです。

 

つまり、順番が大切ということ。

 

■また、もう一つ重要なポイントとして、

1度、砂を入れてしまったのであれば、

器に石を入れるためには

砂を全て取り除かなければいけない

という点が挙げられます。

 

要するに、

砂を入れることと、取り除くこと、

結果として2倍の時間が

かかってしまうということです。

 

■では、1日に私たちが使える時間を

ひとつの器として考えてみると、

どうでしょうか。

 

1日に仕事をしている時間を

8時間としましょう。

 

この時、先にやるべき仕事は

固まりの仕事でしょうか。

それとも、小さい仕事でしょうか。

 

■結論としては、

前の例でお伝えした通り、

まず大きな塊を意識して

仕事をするということが

極めて重要です。

 

■例えば、3時間かかる仕事が

あったとしましょう。

 

この仕事を事前に

頭に入れた状態においては、

どのタイミングでその仕事に取り掛かるか

明確にイメージをすることができます。

 

■それは器の中に、

どこのタイミングで石を入れるか

ハッキリと分かっている状態

と言えるでしょう。

 

ですが、そのイメージがない場合、

そしてその中でまず初めに細かい仕事

ばかりをやってしまった場合は

どうなるでしょうか。

 

細かい仕事をやり続け、

最後に2時間の塊としての

時間が残ったとします

 

この場合、2時間で3時間分の仕事を

することはできませんので、

結果として効率が悪い

時間の使い方となってしまうのです。

 

■今回お伝えした例は、

細かい時間と大きな時間という

二つのくくりですが、

実際には無数の大きさの石が

存在しています。

 

■石が無数にあったとしても、

やるべき順番は、

できるだけ大きな石から

器に入れていくということ。

 

言ってしまえば当たり前のように

思えるかもしれませんが、

この点を意識して実行している人は

意外と多くないかもしれません。

 

■1日の始まりには、

今日行なう仕事と

それに必要な時間を具体的にし、

どのタイミングで行っていくかを

記録して実際に実行に移していくことが

重要といえるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・時間は、カタマリとして

意識してスケジュールを

組み立てることが大切。

 

・基本的には、

カタマリを大きくした方が

大きな価値を出すことができる。

 

・だからこそ、一日の最初に

効率を考えたスケジューリングを

してみると良いのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました