インプットを続けることで、自分にご褒美が返ってくる

ビジネススキル

■昨日は、インプットをする時には

予習復習を意識することが重要

というお話をしました。

 

では、アウトプットを意識した上で、

インプットを積み重ねていくと、

どのような状態に変化していくのでしょうか。

 

■私も発展途上の状態ですので、

現時点での考えになりますが、

その内容をお伝えできればと思います。

 

■目的を持ったインプットを続けると、

アウトプットをすることをきっかけに

自分の脳内回路に変化が起こる瞬間が訪れます。

 

より分かりやすい表現としては、

「大きな気づき」ということができるでしょう。

 

■この気づきは、

人によって異なるものであり、

一概に説明をすることはできません

 

つまり、残念ながら気づきを経験した人と

していない人には認識の違いが

生じてしまうものでもあります。

 

■ですが、今までの生活において、

そういった気付きを経験する場面は

1度は持ったことがあるかと思います。

 

例えば、

逆上がりをする場面を考えてみましょう。

 

■逆上がりができない子は

何回逆上がりをやっても

できるような感覚がつかめません。

 

ですが、上手に回っている子をみたり、

試行錯誤を繰り返すことによって、

ある瞬間に突然逆上がりができるようになります。

 

1度逆上がりができるようになると、

なぜ今まで逆上がりができていなかったのか

という思いすら抱くことでしょう。

 

そして、逆上がりをするためのポイントは、

腕を引きつけると言ったシンプルな言葉に

落ち着くことが一般的ではないかと思います。

 

■アウトプット意識したインプットの

継続による気づきも同じようなイメージです。

 

ただ漠然と鉄棒にぶら下がっているだけでは

逆上がりが出来るようになりませんが、

逆上がりをするという目的を持つことによって

初めて逆上がりができるようになります。

 

■これと同じように、

目標設定という言葉やコミュニケーション

といった目的を元にインプットを続け、

それを吐き出し続けることによって、

ある日突然新しい気づきが得られるのです。

 

■これが1度達成できると、

またその達成感を感じるために頑張る。

という良い循環が生まれ始めます。

 

新しい気づきを得ることによる

成長の実感が人に喜びを

与えてくれるのでしょう。

 

■これがアウトプットを意識しながら

インプットをし続けた人に対する

ご褒美と言えるかもしれません。

 

ですが、その喜びを感じる前に

止めてしまっては、

それまで費やした時間までも

無駄になってしまいます。

 

だからこそ、

脳内回路の変換が起こるまで、

日々コツコツと、

インプットを重ねていくことが

重要と言えるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・アウトプットを意識した

インプットを続けると、

どこかで大きな変化が訪れる。

 

・その変化が訪れるまでが勝負。

 

・そのためにも、

毎日コツコツとインプットを

続けることが大切と

言えるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

ビジネススキル
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました