その瞬間に情報を頭に入れ込む

自己成長・変革

■新しい言葉を

自分の血肉にするためには、

 

その場で自分の体に刻み込む

ことが重要と考えています。

 

新しい言葉に出会った瞬間こそ、

頭の蓋が開いた状態。

 

そこに言葉を

投げ込めば、おのずと

記憶することができる。

というものです。

 

■しかしながら、

頭の蓋が空いているにも

かかわらず、

 

そこに言葉を入れない人が

いかに多いことか。

 

■知っている人は

知っているのです。

 

興味を持った瞬間に

情報を詰め込むことが、

効率的な学習であることを。

 

 

よく、

ポケモンを全て暗記してしまった。

という子や、

 

歌の歌詞を全部覚えてしまった。

という子が紹介されることが

ありますが、

 

これなどはまさに、

頭の蓋が開いている状態。

と言えるのではないでしょうか。

 

■たまに、異常に記憶力が

良い人に出会うことがありますが、

 

これなどは頭の蓋が常に

開いているのかもしれません。

 

うらやましい限り。。。

 

■私のような凡人は、

頑張って蓋を開けなければ、

流れてきた情報が

右から左に流れてしまうでしょう。

 

 

■ですが、

頭に情報を入れる能力に

個人差があったとしても、

 

少しでもその能力を

高めるために努力することは

非常に重要なこと。

 

■そのためのスキルの一つが、

新しい情報を見た瞬間に、

その情報を理解するように努める。

 

ということではないでしょうか。

 

■それがなぜかと言えば、

新しい情報が入っている瞬間こそ、

蓋が空いているから。

に他なりません。

 

■だからこそ、

新しい情報が入ってきた時には、

その瞬間に頭にその情報を

入れる。

 

という意識をもつことが

大切と言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・新しい情報が入ってきた時には、

その瞬間に覚えてしまうことが大切。

 

・なぜなら、その瞬間が一番

記憶力が高まっている状態だから。

 

・少し時間がかかっても、

興味の度合いが高い状態で

学びを深めていくことを

心がけよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました