タグを意識することの重要性

コミュニケーション

あなたは、

ビジネスをする際に、

自分自身のタグを

意識しているでしょうか?

 

タグを持たないということは

何を意味するのかというと、

ある意味その人は存在していないと

言えるかもしれません。

 

■もちろん、

これはなんらかの利害関係が

発生するビジネスの場合を

想定していますので、

その点は誤解なきようお願い致します。

 

■例えば、

昨日もお昼を食べる際に

何を食べるか考えたのですが、

その際にもタグを起点として

どのお店に行くのかを決めています。

 

和食がいいのか、中華がいいのか、

もしくはボリュームがあるのが良いのか、

ボリュームが低いのが良いのか、

さらには値段が高いのが良いのか、

値段が安いのが良いのかといった形で

多くのフィルターがかかっていく中で

選択肢が絞り込まれていくのです。

 

■その際、フィルターに

引っかかることがなければ

存在していないのと同じ事と言えますので、

兎にも角にも相手の記憶に

まずは残すことが重要といえるのです。

 

そして、このタグというのは

無意識のうちに設定されることもあれば、

意図的に作り込み、相手の記憶に残るようにしていく

という考え方もあるでしょう。

 

■もちろん、

自然な会話の中で自分自身のタグを

相手に意識させることができれば

理想的ではありますが、

実際はなかなか難しく、

ある程度意識をしてタグ付けをしていなければ、

結果的には、

個人ビジネスのような

小規模な存在においては、

大規模な看板がある会社には

かなわないでしょう、

 

■つまり、何はなくとも、

まずは自分のタグを意識しながら作り込んでいき、

それを相手に対してしっかりと

伝えていくことが重要なのです。

 

特に、

代替性があるビジネスにおいては、

その中で競合から抜け出すための

タグ付けをしなければ、

たちまち過当競争に陥ってしまい、

値段を下げて対応するといった

対応をすることで自分の首を

絞めるということにもなりかねません。

 

とするならば、

まずは自分自身が

何によって憶えられたいのか

ということを強烈に意識し、

それを言語化することが

大切と言えるでしょう。

 

■これは、1日や数日で

見つけることができるものではなく、

かつ時間が経つにつれて

変わっていくものでもあるかと思いますが、

いずれにせよ、タグを一つ作り

そこに強烈な意味付けをしていく。

この点をまずは重点的に

意識しながら取り組んでいくことが

重要といえるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・相手の記憶に残らない限り、

思い出して貰う可能性は無い。

 

・だからこそ、相手に少しでも

印象に残して貰うために、

強烈なタグを作ることを

意識することが大切と

言えるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました