相手にどれだけ貢献できるかが勝負

コミュニケーション

■普段、相手に対して能動的に

価値を提供するということを、

どれほどやっているでしょうか。

 

相手にとってメリットがあったとしても、

対価を貰わないのであればやらない。

という方も多いのではないかと思います。

 

これは、

考えてみれば当たり前ですよね。

 

■なぜなら、

自分の時間を他の人に使うということは、

自分の時間を奪われるという

ことと同じ意味だからです。

 

また、普段生活をする中では

相手から情報だけを取れればいいと

思っている方も少なからずいるため、

 

そういった人と接すれば接するほど、

自ら積極的に何かを提供することに

対して気が引けてしまうものです。

 

■ですが、その一方で、

本当に相手のことを考えている人であれば、

情報を一方的にもらおうとは考えないもの。

 

つまり、本当に情報を必要としている人には、

中々情報が入っていかない、

といえるかもしれません。

 

■そういった意味においては、

このような人に対しては、

積極的にこちらから価値を

提供しに行った方が良いと

言えるのではないでしょうか。

 

なぜなら、お互いに持っている

知識・ノウハウがある中で、

それを相手に伝えなければ、

それはある意味宝の持ち腐れの

ようなものであり、

実質的に何も意味を持たないからです。

 

■つまり、自分の中で

知識などを溜め込んでいくほど

無駄なことはなく、

誰かに対して何か還元して

初めて価値を持つということです。

 

更に、その価値を提供するのは、

自分が知らない第3者ではなく、

身近な人の方が長い目で見たら

良いことと言えるでしょう。

 

■このような多くのメリットが

あるにも関わらず、

ただ自分の時間がもったいないという理由で

価値の提供をしない事は

ある意味傲慢とも

言えるかもしれません。

 

まずは身近な人に対して

できることをやり続ける、

この積み重ねの意識を

持つことが大切と

言えるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・情報を貰うことを

遠慮している人に対しては、

こちらから積極的に

情報を提供しにいくことが

大切と言えるだろう。

 

・なぜなら、自分だけで

情報をため込んでも、

何も意味はないから。

 

・情報は相手に還元して

初めて意味を持つ。

そのような意識づけを

行うことが大切と言える

かもしれない。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました