一つ一つの関係性をより強く意識していく

コミュニケーション

■人脈を築いていくことは

どういうことなのか、考えてみました。

 

まず、人脈は大きく二つのカテゴリーに

分けることができるかと思います。

 

一つは、学生時代の仲の良い友人と行った、

損得とは関係ないつながり。

そして、もう一つは何らかの

利害関係が存在しているつながり。

 

■そう考えると、

昔からの付き合いでは無い限り、

相手にとって何らかのメリットがなければ、

長い関係が築かれていくことはないでしょう。

 

ですが、あまりにも利害関係だけに

焦点をあてたやりとりになってしまうと、

どこかしらぎこちない雰囲気が

出てしまうと感じています。

 

なぜかというと、

どれだけスキルがあったとしても、

気が合わない人とは仕事をしたくない

というのが根底にあるから。

 

■この時、何らかのスキルの提供を

意識すればするほど、

この関係性という点について、

相手との関係を軽視して

しまいがちです。

 

なぜ軽視してしまうのかというと、

限られた可処分時間を

どう使うかという判断をする上で、

関係性を築く部分よりも

自らのスキルを高めた方が

効率的という考え方になって

しまいがちだからと言えるでしょう。

 

■このような思考が続くと、

結果として、

知識やスキルはあるのですが、

なかなか仕事が増えていかない

と言ったことにもなってしまいかねません。

 

ある意味、スキルや知識などは

持っていて当たり前なのです。

 

■つまり、スキルは大々的に出すのではなく、

匂わせるだけでよいということであり、

私たちはその手前の段階の関係性の構築に

エネルギーをどれだけ注ぎ込めるかが

勝負と言えるのではないでしょうか。

 

ですので、

次に、関係性を構築する。

ということについて少し

考えてみましょう。

 

関係性を構築するというのは、

とにかく長い時間相手と

一緒にいると言ったことを

意味しているのではありません。

 

相手がどういった場合に

身近な感覚を覚えるのか、

そういったことを考えながら

できることをたくさんのアクションを

積み重ねていくことが重要ということです。

 

だらだらと夜遅くまで

お酒を飲む。

といったことをしても、

(もちろん、相手が求めている

ことであれば意味があるかと思いますが)

本質的にはあまり意味がない。

ということです。

 

■そんなことを振り返りながら、

今までの自分の行動を振り返ってみると、

人と関係を築くような行動を

ほとんどしていなかったことに

気がつき、少し愕然としています。

 

ですが、

その様な状況に気が付くことが

できたのであれば、

あとは改善をするだけ。

 

相手が何を求めてるのか、

この点を強烈に意識しながら、

今の自分にできることを

一つずつ積み上げていく。

この積み重ねが、人脈を充実

させることに繋がっていく

のではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・人脈を築くには、

相手と長い時間を共に

すれば良いというわけではない。

 

・相手が何を求めているかを考え、

それに対する答えを提供する。

この積み重ねが何よりも重要と

言えるのではないだろうか。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました