普段の意識・取り組みが勝負

コミュニケーション

■どなたも、何となく気が合う人と、

あまり気が合わない人がいるかと思います。

 

気が合う人だと、

時間が経つのもあっという間ですが、

 

気が合わない人だと、

一分一秒を苦痛と感じるかもしれません。

 

私も、嫌な上司と食事を行っても

全く楽しく無かったことを

よく思い出します。

 

■この時、

気が合わない人に対して、

気が合うように振る舞うことは

極めて難しいことと言えるでしょう。

 

ですので、

無理をして相手に合わせましょう。

という言うつもりも全くありません。

 

■ただ、

気が合わない人と一緒に

いない時ぐらいは、

「これから会う人全て、

気が合う人だろう」

 

と思いこむこと自体は、

そこまで難しいことでは

ないのではないでしょうか。

 

つまり、

気が合う人、合わない人に

会った時に、

受け身のような感じで

自分の感情が動くままに

流されるのではなく、

 

気持ちが動いていない状況で

全体の振れ幅のようなものを

変えていくことが重要。

ということです。

 

■私たちの周囲を見渡してみると、

常に元気な人もいれば、

常に暗い人もいます。

 

この二人は、

普段の雰囲気の違いが、

そのまま人脈の違い、

友人との関係性の違いに

繋がっていることでしょう。

 

この二人は、

他人と会った時に気持ちが

動くことはもちろんのこと、

それ以外にも、

普段から気持ちの持ち方に

大きな違いがあるのです。

 

■そう考えれば、

私たちは、

普段の状態において

どれだけ相手との関係性を

良くできるような意識を

作り上げることが

重要と言えるのではないでしょうか。

 

結局の所、

出たとこ勝負でうまく

いく可能性は低い。

ということです。

 

■だからこそ、

常に相手との関係を築く上で

どういった振る舞いをしておくべきか、

意識し、実行し続けることが

大切と言えるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・人と会った時ではなく、

人と会っていない時が勝負。

 

・普段の姿勢がそのまま相手に

伝わる。

 

・だからこそ、日々の一つ一つの

行動を、相手との関係性を

深めることを意識しながら

行ってみることが大切と

言えるかもしれない。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました