良い因果関係を作る

コミュニケーション

■昔、アニメを見ていた時、

そのアニメが始まると同時に

気持ちがとても高ぶったことを

ふと思い出しました。

 

まだ冒頭ですので、

ストーリーがはじまって訳では

ないにもかかわらず、

気持ちが高ぶる。

というのは考えてみれば

不思議なことです。

 

■ですが、少し考えてみれば、

これから始まる物語に対して

ワクワクした気持ちを抱いているからこそ、

気持ちの高ぶりを感じたのでしょう。

 

このように、

私たちは、ある出来事に対し、

その先のタイミングで発生する事象から

生まれる感情を事前に体感する

ようにできているのではないかと

思われるのです。

 

■それもそのはず、

昔の時代の人は、

敵を見つけた場合、

その天敵に襲われる前に

準備を整えなければいけません。

 

準備を整えなければ

敵の攻撃を避けることができませんので、

そういった背景から、

ある事実を見ることによって

その先を見通せる力を獲得してきたのでしょう。

 

だからこそ、

私たちはこの能力をフルに活用して、

毎日を過ごしていくことが

重要と言えるかもしれません。

 

■ここでひとつ、

具体的なお話をしようと思います。

 

例えば、人に会う場合、

その人に対して良い感情を抱いているのか

悪い感情を抱いているのかで、

その後の関係性は劇的に変わっていくと言えます。

 

■嫌いな上司などが悪い方の例と言えるでしょう。

嫌な上司はその上司を見た瞬間に

ネガティブな感情が発生してしまいます。

そして、その感情というのは、

その上司に会うたびに

大きくなっていきますので、

どんどんその上司の事が

嫌いになっていってしまうのです。

 

その一方で、上司としても、

あなたが良い感情を抱いていないことを

敏感に察知しますので、

お互いの関係がどんどん悪くなっていく

という悪循環に陥ってしまうのです。

 

まずは悪い例を出させていただきましたが、

これは逆の場合においても、

まったく同じことがあてはまります。

 

いい流れができれば、

どんどん良い渦が巻かれていくということです。

 

とするならば、

私たちが意識しなければいけないことは、

誰かに会った時、初めにとにかくプラスの

印象を持ってもらうということ。

 

1度形成された印象というのは

簡単には覆すことができないからです。

 

■これを一言でまとめるのであれば、

良い因果関係を意識して

作るということができるでしょう。

 

ひとたび良い関係を作ることができれば、

あとは回数を重ねていけば

どんどんとその関係が良くなっていくはずです。

 

良いスパイラルを

どんどん大きく強くしていく。

こんなことを意識しながら

日々ひとつひとつの行動を意識し、

改善していくことが大切と

言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・良い因果関係は

更に良い流れを生み、

悪い因果関係は

更に悪い流れをうむ。

 

・だからこそ、

常に良い因果関係を

生み出すことができるように

意識することが重要と

言えるかもしれない。

【ビジネスに役立つ無料コラムのご案内】登録するだけでAmazonギフト券1万円が当たります

オンライン学習プラットホームUdemyの受講生13,000人超、プログラミングの書籍を出版している大橋が、ビジネスに役立つコラムを毎日お届けします。

さらに、今ならメールアドレスを登録して頂くだけで、毎月抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。

メールマガジンはワンクリックで解除ができます。詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

コミュニケーション
大橋をフォローする
ビズスクエア|BizSquare

コメント

タイトルとURLをコピーしました