高く上がってから水に飛び込む

思考

■水に何か物を入れれば、

波が広がっていきます。

 

この波は、

水を打ち付ける力が

強ければ強いほど、

遠くまで広がっていきます。

 

つまり。

ある一点に力を注ぎこめば、

その点だけではなく、

その周囲にエネルギーが

広がっていくということです。

 

■この時、

水の例だけではなく、

私たちの普段の生活においても、

同じことが当てはまるのでは

ないかと思います。

 

具体例で考えていきましょう。

 

例えば、

どこかの会場でコンサートをした時に、

多くのファンを集めている人が

いたとしましょう。

この人は、何かしらのエネルギーや

魅力を持っていることでしょう。

 

それは、

あたかも強いエネルギーで水に何かを

打ち付けた時のように、

その人自身が核となる

強い力を持っているのです。

 

結果として、

その人が持っているエネルギー

によって周囲の人が影響を受け、

その人たちがどんどんその人に

巻き込まれていく

ということになっていくのです。

 

その一方、

自分がエネルギーを持ったところで、

周囲にどう広がっていくのかは、

自分にはわかりません。

(コンサートなどで、直接観客の

リアクションを確認できる場合などは

別ですが。)

 

■何にせよ、

大きなエネルギーを持つことによって、

周囲への影響の輪が広がるということは

間違いない事実だということです。

 

例えば、

エネルギーを持たずに

何となくふわっと生きている人、

こういう人に対して魅力を感じたり

一緒に何かしようと思うことがあるでしょうか。

 

おそらくそういった感情が

生まれることはないかと思います。

 

これは、

あたかもゆっくりと水に

何か入れたような状態であり、

波が殆ど広がっていない状況

とも言えるでしょう。

 

だからこそ、私たちは周囲に対して

影響の輪を広げていくべく、

自分自身が常に高いエネルギーの状態

になるように意識することが

重要といえるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・エネルギーをもって何かに

ぶつかると、そこから

エネルギーの波が生まれる。

 

・そして、そのエネルギーに

よって周囲が巻き込まれていく。

 

・とするならば、

そういったエネルギーを

生み出すことができるよう、

一つ一つの行動にエネルギーを

入れ込むことが大切と

言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました