基礎からの引力を常に感じるようにする

思考

■一度楽な世界に入ってしまうと、

そのスイッチを元に戻すことが

非常に難しくなると感じています。

 

例えば、

ビジネスの世界や

人付き合いなどにおいて、

あるルールに従っていけば

結果が出ることがわかったら、

その方法に固執してしまう

こともあるでしょう。

 

もしくは、

自分で考えずに誰かに仕事を

任せることによって、

楽をすることができるのであれば、

外注を続け、ずっと楽をする方向に

流れてしまうかもしれません。

 

■この時、

楽をすることそのものを

否定するものではないですが、

無意識のうちにそちらの方向に流されていき、

元のに戻ることが難しくならないように

注意をすることが必要です。

 

そもそも、

仕事を外注することを考えた場合、

この目的は楽をすることではなく、

本業の方に時間を割くというもの。

 

ですが、いつの間にか

楽をするということを目的として

外注をするという行動になってしまう

可能性があるのです。

 

■楽を続ければ、

どこかで苦しむ状況に

陥っていくことは明らかである一方、

 

この誘惑に抗うことが

難しいというのが

悩ましいところでもあります。

 

そういった時、

素の自分に引き戻すことができる言葉や

意識を頭に入れておくと、

いざというとき非常に

助けになるかもしれません。

 

■そして、その一つの言葉の

候補として挙げられるのが

「基礎」ではないかと考えています。

 

基礎を淡々と進める

ということに対し、

大きな喜びを感じることができる人は

あまり多くはないと思われます。

 

ですが、基礎を積み重ねていく

ことによって大きな成果に

繋がっていくということもまた事実。

 

つきつめていけば、

日々行なっていることは

基礎の積み重ねに他なりませんので、

その積み上げをどこまで愚直に

行うことができるかが

重要といえるのかもしれません。

 

つまり、全ての時間を使い、

新しく基礎を叩き込み続けるということです。

 

■時間をうまくやりくりし、

基礎を重ねる時間を

最大化することができれば、

それはいつの日か成果として、

具体的な形として現れていくことでしょう。

 

結局のところ、

基礎の数と質の最大化、

これを真の目的として

日々地道に努力を積み上げていくことが

重要といえるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・私たちが日々行っていることは、

突き詰めて考えていくと

基礎の積み重ねである。

 

・であるとするならば、

限られた時間でどれだけ

基礎を積み上げることが

できるかが勝負と

言えないだろうか。

 

・そのためには、常に

基礎という言葉を頭の中で

意識することが

大切と言えるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました