弱さを認めるところから始まる

コミュニケーション

■仕事をする中で、

自分の弱みを出すということは

あまりやりたくないことかと思います。

 

仕事をすると言うことは、

成果を出すということであり、

その中で弱みを出すということは、

「自分は成果を出せない」

と言ってるようなものだからです。

 

ですが、本当に弱さを出さない

ということが常に良い結果を

生むのでしょうか。

 

この点について少し考えてみましょう。

 

■仕事をお願いする立場から

考えてみようと思います。

 

仕事をお願いする立場であれば、

何らかの成果が出てくることを

期待するかと思います。

 

この時、相手が期待している成果を

出していなかった場合、

その人に対してどのように

接していけば良いでしょうか。

 

最終的には、

その人と引き続き仕事をするか、

一緒に仕事をしないか、

という結論に収束していく

のではないかと思います。

 

■では、結果が出ていない時において、

一緒に継続して仕事をしていくための

要素は何なのでしょうか?

 

その要素として一番大きなものは、

やる気ではないかと考えています。

 

成果を出せない、かつやる気もなく、

ダラダラとやっている人と

一緒に仕事をしようと思う人は

いないかと思います。

 

その一方で、成果は出ていない一方、

高いやる気を持って毎日過ごしている人がいれば、

どうすればその人が成果を出せるようになるか、

考えるのではないでしょうか。

 

■つまり、しっかりとやる気を持って

進めているかどうかというのが、

大きな判断の軸になるのではないかと

思われるのです。

 

ですが、やる気がある人に起こりがちなこととしては、

やる気はある=責任感が強いが故に、

成果を出すことができなかったとき、

自分ができないという弱さを出したくない。

という気持ちが強くなってしまう。

ということが挙げられると思っています。

 

やる気満々で毎日を過ごしているからこそ、

弱さを出すと言うことが、

自分自身のブレーキに繋がってしまう

というイメージなのかもしれません。

 

■ですので、この時に意識しておきたいことは、

やる気を持って毎日を過ごしているのであれば、

自分の弱みもすべて開示した方が良いと言うこと。

 

なぜなら、前述の通り、

仕事を頼む立場から考えれば、

やる気さえあれば相手の状況に応じて柔軟に

対応をしていくことが可能だからです。

 

だからこそ、

まずは何事にもしっかりとやる気を持って

進めるということが重要であり、

その前提においては、

自らを積極的に開示していくことが、

仕事を円滑に進めて行くうえで

重要なことと言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・仕事を進める上では、

まずはやる気が大切。

 

・その前提があれば、

無理に抱え込まず、

自らを積極的に開示していく

ことが大切と言えるのでは

ないだろうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました