「行動」に「熱」を入れ込む

プロフェッショナル

■学生時代に就職活動を行っている時、

先生から言われた言葉を

ふと思い出しました。

 

その言葉は、

 

「頑張って就職活動をしたとしても、

希望の会社に行けるとは限らない。

ただし、頑張らなければ

行きたい会社には行けない。」

 

というものです。

 

■改めて、この考え方は、

一日の一つ一つの行動においても

当てはめることができる非常に大切な

学びだったと改めて感じています。

 

例えば、何らかの商品を売る

という場合を考えてみましょう。

 

どれだけ営業のスキルが高くても、

必ずその商品が売れるということはあり得ません。

 

最終的にその商品を購入するかどうかは

顧客が決めることですので、

顧客の意向に沿わなければ

その商品はどれだけ頑張っても売れないのです。

 

■ただ、この時に、

売ろうという意識と努力をしなければ

売れる可能性を高めることはできません。

 

先ほどの言葉に当てはめるのであれば、

どれだけ営業を頑張っても

売れるかどうかはわからない。

 

ただし、頑張って売ろうとしない限り、

売れるということはないと言えるでしょう。

 

■この言葉をさらに抽象度を上げていくと、

このようなことが言えるかと思います。

 

「どれだけ頑張ったとしても、

人生がうまくいくかは分からない。

ただし、頑張らなければ

人生がうまくいくことはない。

というものです。」

 

ただ、

このようなことを書くと、

頑張らなくても成功している人は

世の中にたくさんいるのでは

ないかと思う方もいるかもしれません。

 

実際に親が大金持ちであり、

何もしなくても生活することが

できるという人もいるでしょう。

 

では、この時、

その人の人生がうまくいっているのか

というと、どうでしょうか。

 

何もしなくてもお金がもらえるのであれば、

その人はおそらく努力をしなくなっていくでしょう。

 

その結果として、

お金を目当てとした人が

集まるかもしれませんが、

お互いに自らを高め合う仲としての

友人などはおらず、

実は日々孤独を感じているかもしれません。

 

■そういった意味においては、

私たちは何かに向かって

エネルギーを出している瞬間こそ

充実感を感じることができるものであり、

その積み重ねが人生を充実したものに

変えていくと言えるかもしれません。

 

であるとするならば、

私たちはひとつひとつの行動に対して

しっかりと熱量を乗せ、

少しでも多くのものを吸収していけるように

努力した方が最終的には大きな喜びを

得ることができるのではないでしょうか。

 

その結果、失敗したとしても

それはそれで良いのです。

 

だからこそ、私たちは

日々の一つ一つの行動にしっかりと

熱を込めていくことを意識することが

重要と言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・やってもうまくいくかは分からない。

しかし、やらなければ何も起こらない。

 

・また、何かをするにしても、

熱を持って頑張らないと、

実りを得られる可能性は低い。

 

・だからこそ、私たちは

熱量を持ったアクションを重ねる

ことを意識することが重要と

言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました