普段使う言葉の感度を高める

コミュニケーション

■友人や仕事関係の方々との関係性を

維持する上で決定的に必要なもの、

それが言葉であると考えています。

 

ある意味、当たり前と言えば

当たり前のことですよね。

 

基本的には、言葉を使って

コミュニケーションをとり、

言葉によって自分の感情が

動いていきますので、

 

他人に対して自分がどういった

感情を抱くのかというのは

他人の人がどんな言葉を

発しているかによって決まってくるからです。

 

■また、ちょっとした言葉遣いの違いによって

受ける印象が大きく変わるというのも

紛れもない事実ではないかと思います。

 

例えば、誰かを叱る時、

直接的にお前のここがダメだと言う言葉を

使った際に、相手がどう思うかというと、

どれだけ適切な指摘だったとしても、

反発心が生まれてくるのではないでしょうか。

 

結果として、

その人はアドバイスを正面から

受け取ることができず、

また、叱った人に対しても悪い感情を

抱いてしまいますので、

何も良いことはありません。

 

ただ、誰も得をしないにも関わらず、

そのような言葉が非常に多く

使われてしまっているのが

今の現状なのではないでしょうか。

 

つまり、それは言葉に対してアンテナが

張られていない、

意識が向いていない状態と

言えるかもしれません。

 

■ですが、良い印象を抱く人というのは、

よく観察しているとほぼ間違いなく

良い言葉を沢山使っているものです。

 

であるとするならば、

私たちは少しでも沢山の良い言葉を集めるように

意識を向けることが重要と

いえるのではないでしょうか。

 

良い言葉を集める習慣を身に付けると、

相手から辛辣な言葉を受けたとしても、

あまり気にならなくなる

といったこともありますので、

不思議なもの。

 

良い言葉を集めることで、

自分の周りに何らかの壁のようなものが

できるというイメージでしょうか。

 

だからこそ、私たちは自分の言葉を

に対して感度を上げていくことが

重要と言えるのではないでしょうか。

 

+++

今日のまとめ

 

・人間関係を決める重要な

要素の一つが、言葉。

 

・しかし、言葉に対して

強く意識を持つことは

意外に少ない。

 

・だからこそ、私たちはもっと

言葉に対して強い意識を持つことが

重要と言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました