結果に対する意識を高める

プロフェッショナル

■私達は、もっともっと結果に対する

こだわりを持った方が良いのかもしれません。

 

過程が大事という考えももちろんありますが、

少なからず結果を出していなければ、

それは机上の空論ともなってしまいかねません。

 

というよりも、結果を出していなければ

何を言ったとしても、そこに説得力が

生まれなくなってしまうと思うのです。

 

そういった意味においては、

何は無くともまずは結果を出すということを

強烈に意識することが大切と言えるでしょう。

 

■普段、私達は、結果に対して目を背けて

しまいがちではないかと改めて感じています。

 

それは、具体的な結果を設定することによって

自分自身に対してプレッシャーがかかってしまい、

 

その目標が達成できなかった場合に

自分の気持ちも落ち込んでしまうということが

理由として挙げられると考えています。

 

だからこそ、結果をコミットせず、

抜け道を作っておくのです。

 

結果として、どのような結果が

得られたとしても、

そこに対して自分が納得したという

意味付けをすることができれば

(これだけ頑張ったから仕方ないよね。

といった考え方のことです)

万事うまく事が終わったという解釈に

することができ、

自分の自尊心も傷つかずに済むからです。

 

■そういった意味においては、

少なからず結果をコミットするということは、

自分自身に対し、将来傷つく可能性を

高めるという行為であり、

自分にプレッシャーをかけることが

苦手な方は、精神衛生上やらないほうが

良いかもしれません。

 

■ただ、そういった背景もあるからこそ、

結果を出している人に対しては周囲の人からも

違う目で見られるでしょうし、

言葉の説得力も増すのではないかと思われるのです。

 

つまり、皆が目を背けてしまいそうな部分に

力を注ぎ込むことによって、

段々と頭角を出すことができるように

なると言えるのではないでしょうか。

 

だからこそ、私たちは、辛いことを承知の上で

コミットメントを行ない、

そのコミットメントに対して突き進むという

意識を持つことが重要と言えるかもしれません。

 

+++

今日のまとめ

 

・結果が全てではないが、

結果を出すことで、

説得力が大きく高まることも事実。

 

・であるならば、

まずは結果をだすことに

拘ってみても良いのでは

ないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました