言葉に感情を紐付ける

OS

■言葉に対して上手く感情を

紐付けることができると、

日々の行動の質が大きく

変わると考えています。

 

逆の考え方をすれば、

言葉に感情が紐付いていなければ、

行動が誘発されることは

ほとんどないと考えています。

 

■私が最近読んだ本の中で、

習慣を身につける方法について

書かれたものがありました。

 

内容自体は素晴らしかったのですが、

その中で紹介されていた一つの方法として、

一つ一つの行動を出来るだけ

細分化するというものが挙げられていました。

 

細分化することによって、

一つ一つの行動がより具体的になり、

抜け漏れなく行動を積み重ねることが

できるというのが理由でしたが、

 

実際問題として、

日々の行動を細かく落とし込んでいくことは

非常に難易度が高いと考えています。

 

■そもそも、タスクを細かく切る

ということ自体に負荷がかかってしまうので、

その段階で動きが止まってしまうのです。

 

ミイラ取りがミイラになる、ではないですが、

本末転倒な結果になってしまうと

言えるかもしれません。

 

■ここでのボトルネックが何かというと、

タスクを細かく切っていくというところ。

 

結局の所、この行動に対し、

何らかのプラスの感情が

紐付いていなければ、

実際に行動に移せるようにはならないのです。

 

あなたの周りにも、

もしかすると、非常に細かく時間管理を

している人がいるかもしれませんが、

その方は、恐らくそういった作業が

好きなのではないかと思われるのです。

 

とするならば、私たちは日々の行動を

改善していく上で、ノウハウや

テクニックに走ったとしても、

そこに実質的には意味はないと言えるのです。

 

■そうではなく、一つ一つのテクニックや

行動に対して感情を上手に

紐付けていくことが重要と言えるでしょう。

 

そして、その方法論、すなわち

具体的なやり方というのは千差万別であり、

一人一人ポイントが異なってくるということから、

そういった具体例について紹介している本は

ほとんどないのかもしれません。

 

結果として、たくさん本を読んだとしても、

行動に結びつかないという人が

多いということです。

 

だからこそ、自分の行動を

コントロールするのは感情である、

という意識をまず強く持つということによって、

日々の行動がはじめて改善されていく

という意識を持つことが重要と

言えるでしょう。

 

+++

今日のまとめ

 

・行動は、感情が

紐づかなければ意味がない。

 

・つまり、テクニックに走っても

それは続かないということ。

 

・まずは行動に感情を紐づける

ところからはじめてみては

どうだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました