炭になりきる

■何か肉を焼くとき、コンロの火よりも
炭火で焼いた方が美味しいと言われています。

私も詳しいところは分からないのですが、
確かに感覚としては、炭火で焼いた方が
美味しいという気がしています。

イメージとしても、コンロの火は表面的な
感じがしますが、炭というのは内部に大きな
エネルギーを蓄えているような感覚を
持っているのは私だけでしょうか。

長い時間、熱を持って燃え続ける炭というのは、
傍から見ても非常に美しいものです。

■コンロの火というのは、燃料を止めてしまえば、
その瞬間に消えてしまいますが、
炭は酸素があれば、長時間燃え続けます。

ただ、炭は1度火をつけるまでが非常に大変であり、
そこまで至るには大きなエネルギーを
注ぎ込み続ける必要があります。

しかし1度火が付けば長い時間
熱を出し続けてくれるでしょう。

この時、火をつけるために注いだエネルギーと、
最終的に炭が出すエネルギーというものを
比較すると、炭が出すエネルギーの方が
大きいと言えるのではないかと考えています。

つまり、ある程度は無駄なエネルギーが出てしまう
かもしれませんが、後の方になれば
そのエネルギーを回収することができるということです。

さらに、炭がついている最中にまた違う
炭を入れていけば、その炭も既存の炭から
熱をもらって火を起こすことができるようになるでしょう。

■このように、1度火をつけることができれば、
継続的に熱を出し続けることができるというのが
炭のひとつの強みではないかと思います。

私達も、一瞬のエネルギーに頼るのではなく、
継続的な形で熱を出せるような形に持っていくことが
大切と言えるのではないでしょうか。

そのためにも一瞬のエネルギーを注ぐのではなく、
ある短期間の間に集中的に熱を入れ続ける必要があるのです。

途中でエネルギー熱を入れることをやめてしまえば、
炭に火が付くことはないように、中途半端なところで
止めてしまえばそこでまた元に戻ってしまうということです。

自らを炭のように熱く燃え続ける状態を作るという上でも、
熱を入れ続けることが重要といえるでしょう。

+++
今日のまとめ

・一瞬の熱量よりも、
長期にわたって熱量を
出し続ける方が、
多くの熱量を出すことができる。

・ただ、長期に熱量を
出すためには、ある期間エネルギーを
注ぎ込み続ける必要がある。

・だからこそ、短期視点ではなく、
長期視点でエネルギーを注ぎ込み
続けることが大切と言えるのでは
ないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました