筋トレ後のように、欠乏感を生み出す

■トレーニングをした後というのは、
体がエネルギーを欲するような感覚になります。

また、トレーニングをしなくても
何も食べなければ空腹になり、
体が食べ物を欲するようになるでしょう。

お腹が空けば何かを食べない限り
満足をすることがはできません。

この時、空腹感と言うものに関しては
自然に定期的に体がサインを出してくれますが、

普段の生活や仕事においては上司からのプレッシャーや、
締切というものがない限り何かをしなければいけないという
気持ちが生まれることはあまり多いとは言えないでしょう。

この時、普段の仕事においても
何らかの欠乏感を感じて、その欠乏感に動かされて
アクションを取ることができたら、
日々のアウトプットの密度は高くなると
イメージすることができるのではないでしょうか。

ただ、何もせずに勝手に欠乏感を
生み出すということは残念ながら不可能です。

だからこそ、なんらかのアウトプットを
出していくことを思う場合においては、
しっかりとした欠乏感を生み出していく必要があると言えるでしょう。

そして、欠乏感を生み出させる方法というのには
方法論があるということができます。

その方法論を自ら考え、生み出し、
実際の行動に落とし込むことができるようになれば、
効率的な成長に繋げていくことができると
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・強烈な欠乏感を生み出すことで、
毎日の効率を高めることができる。

・欠乏感が勝手に高まることは無いので、
そのための方法論について
常に考え続けることが大切と言えるのでは
ないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました