イメージする力を高める

■何をするにしても、具体的なイメージ能力を
高めることで損をすることはないと考えています。

例えば、人と会って話をするとき、
相手が何を思っているのか具体的にイメージする
ことは非常に大切です。

もっと言うと、例え対面で話をする機会がないとしても、
電話やメールの言葉からその人が何を思っているのか
イメージをするということが大切です。

逆に、とりあえず出たとこ勝負でいいと言った考えを持つことや
その時の雰囲気で何かの決断をした場合、
相手との関係性が良くなるということはないでしょう。

■一つ一つの物事に対してイメージを膨らませるということは
ある意味負荷がかかることですので、
できればそれを避けたいと思うのが人の普通の考え方かと思います。

ですが、ものの見方によっては、
自分の感情を動かす状況を鮮明にイメージすることができることにより、
喜びの程度が増えたり、感情の振幅を楽しむことが
できるようになるという考え方もできるのではないでしょうか。

そして、自分の感情の振り幅をしっかりとコントロールすることや、
客観的に見つめることができるようになることで、
相手と接する際のスキルも上がっていくのではないかと思われるのです。

■もしかすると、感動するということですら、
日々意識することによって、その感度を高めることが
できると言えるかもしれません。

だからこそ、全ての行動に対して、
具体的に感情をパッケージにして、自分の気持ちを動かすと言う
習慣を身につけることにより、自分のテンションを高く
保つことができたり、周りの人との関係性を改善していく
ということができるようになるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・一つ一つの行動に対して、
鮮明なイメージを持つこと。

・そうすることで、
自らの感情を上手にコントロール
することができるようになり、
それが結果として相手との
関係性を良好にする上での強みに
なるとも言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました