1歩前に進むことを恐れてはいけない

■普段何か仕事をする上では
相手に対して遠慮してしまいがちになることがよくあります。

一方的に相手に対して何か押し付けるということを
してはいけないのは当たり前であり、
そういったことをする人は基本的には嫌われてしまうのは当然です。

ただ、そうではなく、本当に相手のことを思ったことであれば
積極的に提案を続けることが重要といえるのではないでしょうか。

この時ポイントになってくるのが、
なぜあなたにとって良いと思うのかという点について、
しっかりと伝えるということ。

それがなければ、ただの自分の考えの
ゴリ押しになってしまうことにもなりかねないからです。

■そして、相手の立場から見ると、
自分のことを考えて行動をしてくれた人というのは
しっかりとその思いを感じることができるはずだと思うのです。

また、その提案によって、もし関係性が
悪くなるようなことがあれば、そもそもとしてその人との
関係性は良好にすることができないと言えるのかもしれません。

つまり、ひとつひとつの関係性に対して、
しっかりと結論を出していくということが大切ではないかと思うのです。

この時、スピード感や、どのタイミングで
相手と話をするとかといった点について、
しっかりと考えなければいけないということは言うまでもないません。

そういった点について、しっかりと頭の中の整理が
できているのであれば、自分が思ってる以上に
積極的に相手に対してアプローチをしていくということが
重要といえるのではないかと思います。

■なぜそのようなことを言うのかというと、
相手の立場に立って考えるという習慣を身につければ、
身につけるほど、自分の考えを押し通すということに対する
抵抗感が増えていってしまう可能性があるからです。

その結果として、相手の顔色を必要以上に
伺ってしまうということにもなりかねません。

何かを意識するということは、違う部分に悪い波及効果がある
ということもあることを頭にしっかり入れた上で、
その点を意図的に修正しながら日々の行動を
積み重ねていくということが大切と言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・否定されることを恐れて
積極性を失ってはいけない。

・ただ、自分の我を通すのは論外。
そうではなく、相手のことを
考えることが最優先。

・しかし、その結果として
消極的になってしまいがちになる
恐れもあるので、その辺りのバランスは
常に意識することが重要と
言えるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました