義理と人情を大切に

■人と人との関係が疎遠になっていると
言われたりもしますが、結局のところ人と人の
繋がりというのは欠かせないものであると思われます。

そして、どれだけスキルを高め、知識を増やし、
頭がいいと言う人になったとしても、
その人に気持ちや想いというものがなければ、
おそらくその人の周りに人が
集まってくると言うことはないでしょう。

こういった人との接し方という点については
人が生まれ持ってから持っている性質であり、
この性質が変わるということは基本的には
ないと思いますので、その性質について
改めてしっかりと考え、理解し、咀嚼する
ということが重要ではないかと思うのです。

■ここでいう咀嚼をするということは、
自分として、人とどう付き合っていくか
という点について、しっかりとルールを決め、
相手から付き合いたいと思っていただけるような
人間になろうと努力を重ねることを意味しています。

そして、そのためには、
人との繋がりを作っていく中で自分が感じている壁や
余計なものを意識し、それをとっぱらうように
努力をし続けると言うことが重要ではないかと思うのです。

■私の場合、強烈に思うのは余計なプライドでしょうか
人との接し方接する中において、プライドを持つということは
百害あって一利無しと考えています。

ただ、そのプライドが、常に自分の中に
持たれかかってくると言うことも事実ですので、
常に、このプライドと言う敵と殴り合いをしながら戦い、
勝ち続けなければいけないと考えています。

そういった人間を目指していくのかというのは、
個人の好みの部分もあるかと思いますが、
結局のところ、そういった人との繋がりから
生まれた喜びと言うのが一つの人生の目的の
一つになるのではないかと最近思い始めています。

だからこそ、今日も義理と人情と楽しさを
イメージしながら毎日を過ごしていこうと
考えている次第です。

+++
今日のまとめ

・こんな時代こそ、
義理と人情で人の繋がりを
大切にすることが重要と
言えるのではないだろうか。

・むしろ、人と繋がらない
ということは余計なプライドなど
が原因になっている可能性もあるので、
そういった点も意識しながら
繋がりを意識することが
大切と言えるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました