損をたくさんしよう

■儲けるためには、損をしなければ
いけないと考えています。

ここでいうところの損というのは、
お金を失うということではなく、
気持ちの上でなんとなくマイナスに
なってしまうことを意味します。

もう少しわかりやすく言うと、
損して得とれと言う言葉が
イメージが湧きやすいかもしれません。

■そして、損というのは、
人付き合いの中で自分を言いたいことを隠し、
相手のために何ができるか
ということを考え続けることを意味します。

この時、重要になってくるのは、
相手のために考え行動をし続けたからといって、
それが全てリターンとして返ってくるものではないということです。

むしろ、ちゃんと帰ってくるということは
少ないといえるかもしれません。

■この時、リターンを期待して何か行動をした場合、
それが続くことはないでしょう。
なぜならリターンが返ってこなかったことに対して
怒りの気持ちを覚え、継続するモチベーションが
上がらなくなってしまうからです。

ただ、基本的にもらったリターンに対して
何かを返してあげようと思う人というのは、
自ら積極的に相手に対して何か働きかけを
するということはしない傾向にあると考えています。

なぜそうなのかというと、それが一番効率的と言えるからです。

つまり、受け取ったものに対しては
しっかりと返してあげなければいけないと思う一方、
そのエネルギーを全ての人に注ぎ込むことは
できないということから、選別をしているということなのです。

■そして、こういった方々と出会っていくためには、
自らが積極的に相手に対して何かを渡していくという
姿勢を貫き継続するということが
最も大切と言えるのではないでしょうか。

その継続した行動の中でハズレがあったとしても、
たまに当たりがあるだけでも人生というのは
劇的に好転すると思わないでしょうか。

もちろん、相手から見て自分がハズレとならないよう、
日々努力し続けなければいけない。
ということは言うまでもありません。

だからこそ、今日も見返りを期待せずに
相手に対して何かギブを続けるということを
実践していこうと思います。

+++
今日のまとめ

・損して得取れ、ではないが、
損を積極的にする姿勢は
非常に大切。

・その中で、気の合う相手が
見つかればラッキー。
見つからなければしょうがない。
というぐらいの気持ちが丁度良い。

・そのためにも、今日も損をして
相手にどんな貢献ができるか、
考えることが大切と言えるのでは
ないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました