聞く前に勝負は決まっている

■誰かに何かの質問をするとき、
どれだけ収穫を得ることが
できるかは事前に決まっています。

これは、質問を受ける側の立場で考えると
イメージがしやすいのではないかと思います。

よくありがちなのが、非常に抽象的な
質問を投げかけられた場合です。

抽象的な質問を受けると、
受ける側としては非常に答えるのが
難しくなってしまいます。

例えば、ビジネスで成功するには
どうすればいいですかという質問を受けた場合、
一言で答えるのが難しいということは、
簡単にイメージできるんではないかと思います。

■そういった質問を投げかける場合は、
事前に自分自身がその質問に対する答えに対して
仮定を立てておかなければいけないのです。

そして、その過程を基に、相手に考えをぶつけると、
その考えをもとに議論が進んでいく
ということになります。

■例えば、ビジネスで成功をするためには、
人脈が必要だと考えています。
といった話を受けた場合、
その考えに基づいて議論を
深めていくということができるのです。

この時もう一つのポイントとして挙げられるのが、

質問として立てた仮説によって
議論の方向性も決まっていってしまうということ。

今回の場合では、人脈というトピックを元に
議論が進んでいくことになるでしょう。

そう考えると、私達は一つのことに対して
まず集中して時間を注ぎ込んで取り組んでいくことが
大事と言えるのではないでしょうか。

なぜなら、そのように時間を費やしていくことによって、
深堀をすることができるようになるからです。

■そして、深堀ができるようになると、
多くの仮説を立てることができるようになり、
議論も深まっていくということが言えるのです。

そう考えると、何も考えずに質問をしてしまうということは、
自分にとっても相手にとっても非常に
もったいないということが言えるかと思います。

成果を最大化するために、しっかりと仮説を立て続ける
と言う習慣を身につけることが重要と
いえるのではないでしょうか。

+++++++++
今日のまとめ

・相手に問いかける前に、
自分に問いかけることが大切。

・そうすることによって、
方向性が見えてきて、
良い議論ができるようになる。

・特に、自分から切り出した質問に
よって議論の方向性が決まって
しまうので、どういった結論が得たいのか、
事前に整理することが大切と言える
のではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました