メリハリをつける

■大きな成果を残すという意味では、
やるべき仕事にメリハリをつけることが大切です。

時間が有限と言うことを考えれば、
取り組むべき内容を選ばなければいけないということは、
ある意味当たり前ではないかと思います。

■例えば、一獲千金を狙って金が
埋蔵されている山に入ったとします。

この時、目に見える範囲を浅く掘り進めていっても、
恐らく金を見つけることは難しいでしょう。

金が埋まっているところを掘り当てる
可能性を高めるためには、

金が埋まっている場所を予想し、
その場所に徹底的に資源を突っ込んで
掘り続けていくと言うことです。

■これは当たり前のことと言えば
当たり前なのですが、

普段の生活において
資源をまんべんなく投入するということは
無意識のうちにやってしまいがちです。

■例えば、
普段送っているメールについて考えてみましょう。

メールは、一通に5分をかけるか、2分をかけるかで
1日で使える時間が大きく変わってきます。

時間というのは、塊のにする程大きな効果が出せるようになります。
ですので、ちょっとしたことで改善を繰り返し、
時間の塊を作るということは極めて大切なことなのです。

ここでお伝えしておくことは、
とにかく効率を求めて、短い時間で全ての事に対して
対応するというものではありません

あくまでもメリハリをつけるということが、今回の趣旨です

ですので、メールを送る時間を短くした結果、
内容が非常に雑になってしまい、相手にとって
不快な気持ちを抱かせてしまうということは
やってはいけないことです。

少し話がそれてしまいましたので、
元に戻しましょう。

■塊としての時間を確保するという意味で
一番大切になってくるのが、
明確なルールを作るということ。

ルールを決めることによって、
はじめて塊の時間を確保することが
できるようになるからです。

■例えば、時間に余裕がある時は
丁寧にメールを打ち、時間に余裕がないときは
効率的なメールを打つということを
無意識にしてしまいがちですが、

こうすることによって何が起こるかというと、
時間がある時に固まりとして時間を捻出できるにも関わらず、
メールに時間を割くことによって
その捻出できる時間が減ってしまうのです。

本人としては可処分時間の中でたくさん仕事をしたので
満足感が高まるのですが、ここに大きな落とし穴があります。

ですので、どんな時にも基本的には
時間がほとんどない前提において、
相手に対してリスペクトを持った上での対応を
常に心がけるということです。

■このスキルを身につけるためには、
意識を持ちながら実践を繰り返すということに
尽きるのではないかと考えています。

また、相手がどういった言葉を受け取れば
プラスの感情を抱いて頂けるのかと言う点などについて
思いを巡らせるということも有効かもしれません。

こういったメリハリを常に付けることによって
まとまった時間が生まれ、その時間に対して
本来の仕事とは関係がないようなタスクに
取り組んだりすることにより、

自分の知見の幅が広がって行き、
それが仕事の成果の向上にも
つながっていくと言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・個別のタスクに対し、
メリハリを持って取り組むことが大切。

・なぜなら、メリハリを持つことで
余剰の時間を生み出すことができるように
なるからである。

・そして、メリハリを生み出すには
個別のタスクに対してルールを
決めることが効果的。

・ルールを決めないと、
可処分時間を最大限使って
処理をすることになって
しまうからである。

・ただ、メリハリを付ける時も、
相手に対するリスペクトは
忘れることが内容に気を付け
なければいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました