努力の結果は目に見える形で

■頑張ったことは、
具体的に形として残しておくと
やる気を維持しやすくなります。

■日々の生活の中では「今日は頑張ったなあ」
と思える日もあるかと思いますが、
そういった日は気持ちも高揚していますので、
そのまま良い気分で1日を
終えてしまうことが多いかもしれません。

そうすると、次の日に仕事に取り掛かろうとした場合、
昨日の大きな成果が頭の中に残ってしまっているので、
その残った昨日の成果と今日の現状を比較をしてしまい、

なかなか集中して仕事に取り組み始めることが
難しくなってしまうという問題が発生します。

結果として、その日の仕事の効率が
下がってしまう可能性が高くなるのです。

■ただ、そうは言っても
昨日の自分と今日の自分は同じ「自分」。

そうであれば、
今日の自分を昨日の自分の連続の延長線上に
置くかどうかが大切なことと言えるのではないでしょうか。

■そして、そのために必要なことが、
頑張った1日の記録を残しておく
ことだと思うのです。

具体的には、日記を書くということが
分かりやすいかもしれません。

日記を書いていく中で、
何かに対して頑張ることができた場合、
その頑張ったことというのを
具体的に言葉に残しておくのです。

■そして、さらにそこから次の日の日記の中に
「1日を頑張る」という言葉を残しておけば、
今日と明日を繋げることができるようになります。

そのようにして、
1日1日を常に頑張ることができる状態に
仕向けていくのです。

■結局のところ、
これは何かというと、日々自分のテンションを下げずに
過ごすことが大切ということに他なりません。

人は感情によって気持ちを動かされてしまいますので、
毎日完全に同じ状態でいることはできません。

ただ、そうであったとしても、
感情をある程度コントロールすることは可能です。

そして、
意識的にコントロールをするかしないかということが、
日々の生産性を高めるという上で
非常に重要になってくるのです。

今回ご紹介した内容というのは、
日記に頑張った記録を残すという非常にシンプルなものです。

しかし、実際にやってみると
非常に大きな効果があることが実感いただけるかと思います

こういったひとつひとつの小さい
ルールの積み重ねによって、
常に自分自身をモチベーションが高い状態に
保つことができるようになるのです。

ちなみに、
今回の場合において1日を頑張ることができなかった場合、
そういった場合においても次の日の日記には、
「明日もっと頑張ろう」と書いておくことが大切です。

詰まるところ、常に明日の自分を
勇気づけ続けるということなのです。

この習慣を身につけることによって、
日々の気持ちの浮き沈みというのを
減らすことができるようになり、
それが生産性の向上に繋がっていくと
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・毎日を過ごして行く中では、
大きな充実感を得ることが
できることもあれば、
あまり得られないこともある。

・そんな時、大切なのは、
常に高い充実感を得られるように
すること。

・そのためには、
一日一日の連続性を
担保するようにすると
良いのではないだろうか。

・充実した一日を
次の日にそのまま繋げて
いくことができれば、
毎日の充実化を高めることが
できるようになるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました