一日以上間を空けない

■何か一つの事に取り掛かった場合、
間髪入れない、日にちを空けない
ことが大切です。

■これは自分の実体験から来た学びなのですが、
毎日何かに取り組んでいたとして、
それが1日でも空いてしまうと、

今まで継続してやってきたこととの間に
大きな断絶が生まれてしまう
ことを実感しています。

■少し違う観点で考えると、

それは人がもともと持っている
動物的な本能である
「のんびりしたい」、
「だらけたい」といった気持ちです。

一日空いてしまうだけで、
そういった気持ちが
どんどん出てきてしまうのです。

だからこそ、
間を空けずに毎日を過ごすことが
大切なのですが、

実践するのは中々難しいです。

■例えば、お客様との飲み会でお酒を
飲み過ぎてしまった場合。

次の日は二日酔いで頭が働かない。
という経験がある方も多いのでは
ないかと思います。

付き合いの中では、
どうしてもお酒を飲まなければ
いけないという日が出てきます。

そんな時、
お酒をほとんど飲まずにその場を過ごすと、
相手との関係性という観点からしても
いいとは言い切れないでしょう。

その一方で、お酒を飲みすぎてしまうと
次の日に影響してしまう。

まさに板挟みのような感じ。
と言えるかもしれません。

では、こういった場合に
具体的にどうすれば良いのでしょうか?

一つの方向性としては、
お酒を飲まずともその場を過ごすことが
できるようなスキルを身につけること。
が挙げられるかもしれません。

お酒に頼らず、
自分の力を高めていくということです。

■ちなみに、私の前職の上司も、
お酒を上手に飲むための戦略を持っていました。

ですので、どれだけ夜遅くても
次の日は元気に出社する。

そんな姿を見ながら
凄いなあ、と常々思っていたものでした。

こうした能力を身につけることは、
本業に比べると優先順位は高くない
かもしれませんが、

一日を失うことのダメージを考えると、
少しずつ改善して身につける価値は
十分あると考えています。

このスキルを身につけるには時間もかかりますし、
継続した努力が必要です。

結局は、自分が立てた目標と
照らし合わせ、
その目標に到達するために
必ず必要なこと。
というマインドセットが必要
かもしれません。

そんなマインドセットが出来た時、
一日を無駄にせずにすごすための
ルールが完全に出来上がっている
ことでしょう。

+++
今日のまとめ

・一日の空白期間を作るだけでも、
ライバルに大きな差を付けられて
しまうもの。

・であるならば、
毎日を充実して過ごすための
ルールを作ることが大切。

・ただ、普段働く中では、
色々な制約も出てくるだろう。

・そういった時は、
その制約を乗り越えるための
ルールを作る必要がある。

・ルール作りは大変だが、
自らの目標を達成する!
という思いがあれば、
きっと実現することが
できるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました