振る舞いを正す

■姿勢が相手に対して与える影響というのは、
自分が思っている以上に大きいものです。

そして、姿勢は意識しない限り
治っていくことはありません。

つまり、自分の姿勢は過去から積み上げられた
無意識によって作られているのです。

であるならば、
姿勢は一日でも早く正していくことが
大切と言えるでしょう。

■具体的な例で考えていきましょう。
保険の営業マンについて考えてみます。

例えば、くたびれたような服装をしていて、
さらに姿勢が悪くだらしない感じの営業マンから
保険の商品を買おうと思うでしょうか。

おそらく、どんなに商品が良かったとしても、
その営業マンの姿勢が悪いということで
買うことをためらってしまうという方が
ほとんどなのではないでしょうか。

■ここでのポイントというのは、
商品が良かったとしても、
誰が売るかによって判断の軸が
変わってしまうということです。

さらに恐ろしいのは、
何かを買うという判断をする時、
姿勢に影響されているということを
明確にイメージすることができません

もう少し細かく話をしていくと、
相手の姿勢が悪いから購入の決断をしなかった
ということは合理的な判断とは言い難いものです。

ですので、
自分が合理的な判断をしていないということを
肯定したくないがために、結果としてその理由を
深く掘り下げることなく感覚として、
この人から商品を買わないという
決断をしてしまうのです。

■そう考えるのであれば、
姿勢を正すということは、
営業や販売をするという上では
スタート地点に立てるかどうかという
非常に大切なポイントになってくると
言えるのではないでしょうか。

私は良い商品を売っている。
話を聞いてくれればわかってくれる、

と言いつつ、傲慢な態度で営業をしていれば、
結果が出るはずがありません。

特に、にいい商品を販売している
という自負があったりすると、
それが感情に出てしまいがちです。

その結果として、相手に対して少し威嚇するような
姿勢になってしまって、相手からすると
この人から買いたくないと思われてしまうのです。

■そう考えると、
私たちがしなければいけないことは、
自らが強い意識を持って矯正を
していくということではないでしょうか。

本当に自信がある商品を売っているとしても、
その時に傲慢な失礼は決して出してはいけません。

相手に対して純粋な気持ちで
接するということが大切なのです。

■本当に良い姿勢というのが何なのか
という点については色々と
試行錯誤が必要かと思いますが、

良いサンプルは本などを通じていくらでも
たくさん手に入れることができると思います。

そう考えると一日でも早く、
良い姿勢というのを取り入れることによって、
あなた自身が他の人との関係性を劇的に
改善していくことができるようになるかもしれません。

■自分の姿勢の悪さについて反省しながら、
本日のコラムを書いている次第です。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました